ヤマダ=イスキーの旅日記

18年9月から2年間世界一周します。だいたい月曜日と木曜日の夕方(現地時間)にアップしますが、ネット環境次第ではやむを得ず日時変えます。

田舎への道中

とりあえずグラスゴー駅に到着、なんだかんだこの駅(のWifi)にはお世話になっている。
ベンチに座ってとりあえずグラスゴーの北西部にある安い宿を探してみるが、山へのアクセスがいい街はどこも高級ホテルばかりである。当日の予約だし今日は12/31ということもあって、2万円台とかもごろごろ転がっている。と思ったら4000円/泊というホテル(後述)がシンガー(Singer)という町の近くにあるらしい。この3週間の旅は最初3万円ほどに収まりそうだった(これが安すぎたんだね)が、この3日間の滞在でどうも1.5万円ほど追加されそうである。まあ別にいいかと思ったし、終わってからも後悔どころかいい投資だったと思っているが。


f:id:wonderfulsolution:20180111204138j:image

予定が決まったら即行動。シンガーは実はグラスゴーから北西に10kmほどしか離れておらず、歩いても2時間で着いてしまう。時刻はまだ12時くらいだったから時間にも余裕があったのだが、試しに券売機でチケットの値段を確認すると片道たった£2.30(345円)。2時間歩くのが急に面倒になり、あっさりチケットを購入した。

 f:id:wonderfulsolution:20180111204158j:image

 2両編成の各駅停車、雰囲気というか座席のどこかくたびれた感じがJRの田舎路線と似ている。

 
f:id:wonderfulsolution:20180111204430j:image

ここで乗り換え。スコットランドは地名がどこか特殊だが、この"アニーズランド"とかならイングランドにもありそう。

余談だが、ウェールズの地名も特殊というか初見では読めない。大学がウェールズとの境界に近いのだが、地名がwestburyとかminsterleyとかから急にcloddiau(クロジエ)とかberriew(ベルリエウ)とかに変わってしまう。まあ日本だって北海道にはアイヌ語由来の地名がたくさんあるし、同じことである。


f:id:wonderfulsolution:20180111204459j:image

 シンガーで下車。改札がない駅は珍しくないが、この駅に至ってはもはや路面電車の停留所とかバス停くらいにオープンである。ここからホテルまで1kmほど歩く。