ヤマダ=イスキーの旅日記

イギリス留学、世界一周などをしていました。

ヨーロッパ自転車旅行の記録【アルバニア編】

【7月15~17日】

 

こちら、アルバニア北部の地図をご覧ください。

f:id:wonderfulsolution:20190801182413p:plain

 えぇ、道がないんですよね。。。

 

アルバニア到着の3日前くらいにこの衝撃の事実を発見しまして、

「一部区間だけフェリーを使う」

「遠回りして南の高速道路っぽい道路まで行ってみる」

「山をひたすら担いで突破」

という選択肢を考えたんですが、暑いのでフェリーを使うことにしました。

 

以下、入国したところからどうぞ。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181256j:plain

あえてノーコメント。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181342j:plain

ちょうど水が残り300mlくらいだったのでこの川で1.5L補給しました。

f:id:wonderfulsolution:20190802181428j:plain

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181513j:plain

にしても透明度がエグい。

f:id:wonderfulsolution:20190802181718j:plain

橋の上からだとこんな感じ。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181752j:plain

この川に沿ってフェリー乗り場までしばらく漕いだんですが、下流には採石場が点在していて徐々に濁っていきました。この水は飲めないなぁ。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181835j:plain

Fierzeのフェリー乗り場。バスツアーの観光客だけじゃなくて現地の人もみんなバイクや車を乗せていたのでやっぱり道はないっぽいですね。

f:id:wonderfulsolution:20190802181911j:plain

「山を突破」という選択肢にしなくて良かったです。森と断崖しかない。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802181943j:plain

フェリーって乗っていると「原付くらいのスピードかな?」と思うけど実際は徒歩くらいのスピードなので、直線距離で40kmくらい進んでくれたと思ったらたったの10kmしか進んでいませんでした。

f:id:wonderfulsolution:20190802182118j:plain

景色はいいけど補給スポットが皆無のうねうねした悪路を50kmほど漕いでいきます。

f:id:wonderfulsolution:20190802182148j:plain

まぁここでテント泊しても気持ちよさそうですね。フェリーが街まで行くと思ってたからあんま食料持ってなかったけど。

f:id:wonderfulsolution:20190802182223j:plain

この湖を南まで漕ぎ切った場所が目的地のシュコドラ。日が傾いてから完全に日没するまで意外に3時間くらいあって、わっせわっせと漕いだらなんとか8時半にシュコドラの安宿に到着できました。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802182315j:plain

シュコドラ観光。といってもモスク以外は興味ないです。

正教会の影響なのかモスクが立方体チックになっています。なのに立体感がない。たぶんミナレットが敷地の中央にあるからでしょう。あとモスクの正面に広場でもあれば奥行きがあっただろうけど、道路と接しているためか前のめりに感じられます。

f:id:wonderfulsolution:20190802182404j:plain

色合いが中央アジアやイランと違ってヨーロッパ風? 純白というよりちょっとベージュ。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802182440j:plain

 筋肉痛で歩き回る気力があまりないので宿ネコとグータラ。ここまで野犬に何度か吠えながら追いかけられたトラウマがあるので相対的にネコが好きになっています。こいつらも狂犬病保有しうるけど、基本的にササッと逃げてくれるから大丈夫なはず。ただしズボンが薄いから爪を立てるのは止めていただきたいですね、めっちゃ刺さる。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802182530j:plain

 どことなく中国っぽい。

 

f:id:wonderfulsolution:20190802182955j:plain

 シュコドラには2泊しました。その北のポドゴリツァへの移動は舗装状態の良い50kmほどの道のりなので3時間弱で着けました。アルバニアモンテネグロのイミグレもほぼスルーみたいなものです。

 

↓ 続き

wonderfulsolution.hatenablog.com