ヤマダ=イスキーの旅日記

イギリス留学、世界一周などをしていました。

ヨーロッパ自転車旅行の記録【セルビア編】

【7月11~12日】

セルビアにはほとんどいませんでした。移動距離にして20kmほどでしょうか。まぁ思い出がないわけじゃないので記事にします。

 

f:id:wonderfulsolution:20190729183728j:plain

イミグレを通過してからもとの下道に戻るまで。めっちゃテント張りたくなる風景だけどもうちょい進みます。

 

f:id:wonderfulsolution:20190729184050j:plain

ハンバーガーが1つ1ユーロらしくて買ったんだけど「旅人のあんたにはサービスするよ、俺はムスリムだからね」みたいに言われ、ついでにコーラも付けてくれました。セルビアとはいえ南部はアルバニア系というかムスリムが多くて、走っていても何度かアルバニアの国旗を見かけます。

 

f:id:wonderfulsolution:20190729184444j:plain

この新築工事中らしい建物の裏で幕営。ちなみにこの直前に検問みたいな場所があってパスポートチェックとかされたんだけど職員は「テント泊するのかい?いいねぇ!」みたいな反応でした。

 

f:id:wonderfulsolution:20190729184851j:plain

プレシェボの街。パン屋が朝6時前から開いててさすがという感じ。

 

f:id:wonderfulsolution:20190729190143j:plain

コソボを目指して丘を上っているとUNDPマークのあるバス停を発見。なんか旧ユーゴ圏って「絵に描いたような平和」を感じることがあるけど、紛争の記憶の裏返しが投影されているのかもしれない。セルビアコソボアルバニアには今でも未処理の地雷があちこちに転がっていると聞いてちょっとビビる。

 

ちなみにセルビアコソボの入国審査は特に何ごともなくスムーズにスタンプを押してくれました。いやセルビアコソボを国として認定していないのでなんでイミグレを設置してるんだ?とも思うけど、第三国→コソボセルビアの場合は入国拒否とか罰金(不法滞在だから)の措置を取られることもあるらしいです。

 

 

 ↓ 続き

wonderfulsolution.hatenablog.com