ヤマダ=イスキーの旅日記

イギリス留学、世界一周などをしていました。

【その四】懐かしの雲南省昆明市に行った話。あと四川料理の写真もたくさん。(ホテルでセンター試験)

これの続きです。↓ 

wonderfulsolution.hatenablog.com

  

 -----

1/20と1/21と1/22

(時間軸がごっちゃです。すみません。)

 

試験会場に入りました。


f:id:wonderfulsolution:20190210100257j:image

 

豪華に見えますが、これもagoda75%オフとかだったと思います。2泊で4300円とか。おそらくすぐ近くで大規模な工事をしているためでしょうが、窓さえ閉めておけば特に音は聞こえないです。

 

というよりこの部屋は14階なんですが、なんで窓が開くんですか?安全柵とかないんですか?そもそも鍵からして壊れているんですが。。。 

 

まあ窓から飛び降りるような人だったら鍵があってもなくても大した問題ではないのかもしれません。

 

 

 


f:id:wonderfulsolution:20190210100405j:image

 昼ごはん。

 

この麺は相変わらずうまい。

なんなんですかね、このもちもちした食感。たぶん生地のこね方にコツがあるんでしょう。というかめっっちゃこねているんでしょう。それとも小麦粉に秘密があるのか。

誰か潜入調査してレポートしてくれませんか?


f:id:wonderfulsolution:20190210100419j:image

 小籠包は中国ならだいたいどこでも食べれるでしょう。

 

ただ上海のよりパサついていたような気がします。単純に食べる人が少ないから 回転率が悪い⇒テキトーに蒸している ということなのかもしれません。

 

それか食べたのが昼過ぎだったので、お店の人はもうお開きにしようかという気分だったのかもしれません。実際僕が食べているそばで机を拭いたりイスを片付けたり床をモップかけしたりしていましたし、さっさと食べて店から出ろよって思われてたのかもしれませんね。

まぁそこはガイジンという鉄壁の防御によって知らん顔しましたが。

 

あ、おいしいかったです。


f:id:wonderfulsolution:20190210100441j:image

 これ、いつ食べたのかよく分からないんですが、いちおう写真アップしておきます。

 

こういう麺もあるというか面条(ミエンチャオ)って言ったらこんな麺が出てきました。

 

僕は白くて細い麺のほうが好きです。でも中国では厨房が奥にあることが多いので指差しすることができないですね。仕方ないです。

 

あとパクチーは客がセルフサービスで入れることになっています。僕はけっこうガンガン入れます。

 


f:id:wonderfulsolution:20190210100320j:image

 

腹ごしらえができたのでセンター試験やっていきます。

 

ちなみに時間が足りなさそうだったので数学だけは前日の夜にやっておきました。

それ以外は1日でぐわぁーと解いていきます。

 

結果はこちら ↓

wonderfulsolution.hatenablog.com

 

うん、お腹がすきました。

 


f:id:wonderfulsolution:20190210100458j:image

ということで近くの屋台街に突入。

 

メニュー表をながめていたら「三味炒飯」っていうのが読めたのでそれでいきます。

 

味はまあまあ。チャーハンについてはタイやマレーシアやインドネシアの方が格上です。ナシゴレンのことですが。


f:id:wonderfulsolution:20190210100513j:image

 三味炒飯だけだとお腹がいっぱいにならなかったので2軒目いきます。

 

これは・・・麻婆豆腐です。本場の。

 

うーん、うまい。さすが。辛さは控えめというかちょうどいいくらい。

 

上海でも麻婆豆腐を頼んだんですが、なんか知らんけど3人前で出してきて白飯はついてなくて激辛でした。(白米は追加で頼んだ。) あれはきつかったね。もちろん完食したけど。


f:id:wonderfulsolution:20190210100528j:image

回転火鍋。

一皿あたり1元とからしいです。

これだと1人でも火鍋が食べれるね。

 

いや、でも個人的には火鍋というのはみんなでヒーヒー言いながらやっつけるべきものだと思う。とりあえず今回はもう満腹だったのでパス。

 

f:id:wonderfulsolution:20190210100345j:image

 センター試験からのナゾの解放感に浸りながら繁華街を歩いていきます。

 

(ちなみに本番の3年前にもセンター試験が終わってから札幌の繁華街を歩いた記憶があります。とはいえ1~2時間くらい。)

 

さて、二次試験は受けてみるつもりはないのでこれからヒマになりそうですね。何をしようか。