ヤマダ=イスキーの旅日記

イギリス留学、世界一周などをしていました。

世界一周のまとめ

10月2日に世界一周を終了して帰国しました。

 

「遅ぇよ。2週間前じゃん」って感じですよね。


10月3日からだいたい京都にいまして、色々わちゃわちゃしていました。3連休中にいくつか進捗があってようやく一段落したところです。

この秋から復学しようかと思っていたんですが、どうやら9月中に済ませてないといけなかった手続きがあったらしく、まぁやっておらず、休学期間続行ということになりました。

希望すれば半年後からも復学できるんですが、3月もそれ以降もいくつかやりたいことがあるので復学はしません。来年の秋までもう1年の使い方については追々まとめることにします。


ということで今回は「世界一周のまとめ」です。

 

ルート

すべての国や都市についてブログで記事にしたわけではないので、まずはルートの説明から。

f:id:wonderfulsolution:20191016115410p:plain

2018年9月18日に神戸港を出発し、9月20日に上海港に到着。

 

香港、マニラ、コタキナバル、バンダリスリブガワン(ブルネイ)、ジャカルタ、という風に東南アジアの島々を主に飛行機でつないでいきました。基本的に滞在したのは首都ばっかりです。

 

10月31日にシンガポールに上陸、そこからはずっと鉄道やバスで北上していきました。誕生日の11月25日にマレーシアからタイに入国。正月はラオスのバンビエンで迎えました。1月25日に昆明から台北、1月29日に台北から那覇に移動。

 

沖縄に行ったのは「台湾のすぐ隣にあるから」「沖縄に行ったことないから」「クレカの付帯保険が切れたから」「後輩が琉球大学に通ってるから」が理由です。まぁ観光です。

 

f:id:wonderfulsolution:20191016115519p:plain

2月中旬~下旬のめっちゃ寒いときに、釜山やら北京やら平壌やらウランバートルやらに行きました。やはりめっちゃ寒かったです。

 

ちなみに北朝鮮ツアーはタイやラオスにいるときにいろいろ下調べをして、1月中旬にベトナムにいるときに申し込みました。その前後でどうやらフィッシング?に遭ったらしく、クレカの番号が流出したということで停止を食らいましたが、沖縄でクレカを再発行して、ツアー会社も真っ当なものでした。1年の世界一周でトラブルといえばこのくらいです。被害額は0でした。

 

北京からウルムチまで31時間の列車移動。ウルムチでは宿が見つからず、5つ星ホテルで1泊してからさっさと中央アジアに脱出しました。

 

f:id:wonderfulsolution:20191016115541p:plain

この旅最大の目的、シルクロード

 

とはいえ大都市はどこも近代化していて正直がっかりしました。そりゃそうでしょうね。

 

ただしトルクメニスタンは1980年代とかで時間が止まっているかのような、かなり前時代的な社会で面白かったです。

 

そもそも中央アジアはどの国どの地域もやっぱり独自のカルチャーがあって、今思い返してみても楽しかったなぁと思います。もしこの世界一周が1本の映画で、もし1回だけ巻き戻してどこかを再生できるなら、中央アジアをもう1回鑑賞したいです。

 

ってかチケットを買えばまた行けますね。そのうち行きます。

 

ちなみに人種差別は中央アジアが1番きつかったです。特に中国人差別(のとばっちり?)。あとみんな現地語の次にロシア語を習得するため、英語はあまり使えませんでした。まぁそういう難しさがまたたまらないんですよ。

 

ちなみに治安はいいです。ただし警察は腐敗しがちです。

 

f:id:wonderfulsolution:20191016115634p:plain

イランを抜けてアゼルバイジャンジョージアでリラックスしたのも束の間、一気にトルコを横断してイスタンブールに到着しました。もともと1年半の予定で旅をしていたんですが、イランで「やっぱり1年で終わりにしよう」と決断しまして、そこからは随分と駆け足になりました。

 

イスタンブールで自転車やテントを購入。気温40℃のなか朝から夕方までずっと走ったりしてて何度か体調を崩しましたが、合計で1300kmほど走破しました。最後は自転車が壊れたので終了。

 

モンテネグロの首都ポドゴリツァからボスニアの首都サラエボまではヒッチハイクで移動しましたが、「面倒だなぁ」と思ったのでそれ以降はバスに乗ることにしました。

 

移動スピードが格段に上がったので、行く予定はなかった北欧や東欧も周遊しました。アメリカビザの面接が思っていたより遅い日程になってしまい、イギリスには戻れずハンガリー止まりになりました。

 

f:id:wonderfulsolution:20191016115606p:plain

「イランや北朝鮮渡航歴がある人間が9月11日の直前にニューヨークに入ったら絶対怪しまれるだろ」とか思ってわざわざ9月12日にアメリカに入国したんですが、なんとイミグレの職員が英語ノンネイティブの中国系の方で、そこまで質問もされずあっさり入国できました。

 

アメリカは何から何までぼったくり価格でしたが、宿泊はカウチサーフィン、食事はピザor我慢、移動はグレイハウンドのバスでなんとか耐えました。正直アメリカにはもう行きたくないです。

 

そこから最後の滞在地キューバネットが有料だったので1週間使わず、韓国人/日本人宿にていろんな人と話していました。そこからパナマ・サンフランシスコ・香港のトランジットを経て帰国。香港ではデモやってましたね。

 

支出と内訳

あんまこれを公開している旅人っていない気がします。まぁ僕もそこまで公開はしたくないですが、けっこう参考になると思うのでどうぞ。

 

期間 390日(京都出発~京都帰着まで)

総計 140万円

 

非生活費 35-40万円

 フライト・フェリーのチケット 26万円

 ビザ・保険・パスポート切替 4万円

 自転車・付属品・テント 4万円

 服などの雑貨

 

北朝鮮ツアー 10万円

 

生活費 90-95万円

 食費+宿泊費+陸上移動費で2300-2435円×390日。だいたい食費800円、宿泊費1000円、残りは移動費くらいの割合。

 

 

だいぶ我慢したし、だいぶ無理したし、だいぶチャンスを逃したなと思いますが、削ろうと思えばここからさらに宿泊費とかを削れます。でも削らない方がいいです。

 

ちなみに390日のうち、空港泊とか夜行バスみたいな移動泊は33回、カウチサーフィンのようなホームステイは19回、野宿は14回しました。合計で66泊(17%)はタダで夜を明かしたことになります。

 

お気に入りの国

f:id:wonderfulsolution:20191016124432j:plain

過去渡航国がオレンジです。66くらいあります。今回行ったのはそのうち51です。

(「渡航」「国」の基準によってプラスマイナス2くらい増減します)

 

ちなみに世界一周出発前に「終わったあと好きになってるだろうなランキング」を作ったら、

1位ジョージア

2位ネパール

3位中国とインド(同点)

こんな感じだったんですが、いざ行ってみるとこの順位とはだいぶ違う結果になりました。

 

 

それでは3位から。

3位

f:id:wonderfulsolution:20191016125330j:plain

まさかのバングラデシュがランクイン。

 

行ったのは2回生の前期なので2年以上前です。イギリス留学よりも前です。

 

当時は「インドのついで」みたいに思っていましたが、今振り返って考えてみると

「人口密度がめちゃくちゃ高い」

「物価めちゃくちゃ安い」

「英語がそれなりに通じる」

「人々がふつーに優しい(なお比較対象はインド)」

「とにかくエネルギッシュ」

こんな国が面白くないわけがないですよね。

 

だけど僕はまだ中南米にあまり行ってないので、この3位の座は交代の可能性がけっこうあります。ちなみにインドの隣国ネパールも好きですが、2位と雰囲気が被ることもあって除きました。

 

 

2位

f:id:wonderfulsolution:20191016125422j:plain

ラオス

 

ラオスってどこにあるかご存知ですかね。東南アジアの半島部分のど真ん中にあります。タイ、カンボジアベトナム、中国、ミャンマーなんかと接しています。

 

いろんな文化圏のはざまに位置しているため、いろんな人やモノやカルチャーが流れ込んできます。その一方で自国のアイデンティティーの確立も行われています。僕はそもそも旅をするとき「異なるモノがどう混じり合っているか」に注目しているんですが、ここラオスの混じり合い方はけっこう好きです。

 

例えばラオスでは英語も中国語(あと韓国語)もけっこう使えますが、現地のラオ語だってちゃんと残っています。ラオ語タイ語かなり似ていますが、方言レベルではなくいちおう別の言語です。

 

 

まぁそういう小難しい話は抜きにしても、ラオスの田舎に行けばずいぶんのんびりしていていいものです。レンタルバイクがあちこちにあるし、道は半分くらい未舗装だから逆にみんなスピード出さなくて安全だし、ちょっした山道があちこちにあるし、ガソリンに限らず物価が安いし、そりゃ好きになりますよ。

 

ちなみに最近中国資本がずいぶん進出してきてて残念な反面、ラオスは食のバリエーションが乏しいのでそのへんに革新が生まれるか期待ですね。

(※「食」に関してなら中国がダントツの1位ですが、中国はデカすぎるからちょっとアンフェアな気がします。)

 

 

1位 

f:id:wonderfulsolution:20191016125630j:plain

 

f:id:wonderfulsolution:20191016125705j:plain

 

f:id:wonderfulsolution:20191016125752j:plain

キルギスです。

 

正直、不動の1位の気がします。

 

ジョージアが気に入って沈没する日本人は多いですが、僕としてはキルギスのほうが断然居心地がいいです。パスポートの切替発給という大義名分はありましたが、にしてもビシュケクに1ヶ月いて「もっと長居したいなぁ」と思ってしまうあたり、がっちり心をつかまれた感じですね。

 

何がそんなにいいのか、ちょっと箇条書きにしてみました。

 

・「中央アジアの優等生」

中国方面から到着したとき「おぉ、これが中央アジアか!」となりました。ちなみにほかの中央アジアの国々はどこか退屈だったり、ソ連の色合いが強すぎたりします。ちなみにビザ免除の日数は60日間ですが、日帰りでカザフとの国境ピストンができます。

・メシが安くてうまい。

実際これが一番デカいです。胃袋をつかまれたら逃げれません。中華料理ともロシア料理とも中東料理とも違う、それでいて影響は受けている、ラグマンとかマントゥとかケバブとか。値段は軽めに食べて300円くらい、普通に食べて400-600円くらい。うっかりオシャレなレストランに入っても1000円を超えることはないので安心です。

・人々

やっぱこれも大きいですね。さすがシルクロードなだけあって、アジア系、スラブ系、アラブ系の人々が混じり合っています。歴史的に中国と国境問題を抱えているために根強い中国人差別がありますが、それを除けば基本的にみんな優しいです。(初対面だとちょっと冷たいかもしれませんが、むしろそれはそれで良いです)

・言語

基本的にみんなロシア語を使っています。キルギス語もあります。英語は通じないので不便といえば不便ですが、まぁロシア語を勉強すればいいだけの話です。むしろその不便さのお陰で観光客に踏み荒らされていない感がありますね。なんとなくキルギスに来ている観光客はみんな温厚な気がします。山に登りに来ているからかな?

・自然

そう、キルギスには7000m近い高山がごろごろあります。今回は装備もなかったしまだ冬の終わりだったしなので登らなかったけど、次回はぜひ登りたいところです。あとイシククル湖というのも有名です。

 

うーん、キルギスの良さってあんま写真では表現できないし、文章でも伝わり切っていない気がするので、気になる方は直接行って確認してみてください。

 

 それでは。