ヤマダ=イスキーの旅日記

京大を休学して世界一周しています。今はヨーロッパ。

ヨーロッパ旅行の記録【スロベニア編】

【7月29日】

 

スロベニアのMaribor(マリボル)という街の記録です。

 

昼の11時に到着して夜の23時半のバスでウィーンに移動しました。安い宿でも2500円ぐらいするしカウチサーフィンも面倒なので夜行バスでさっさと次に進むことにしたんですね。ちなみにウィーンには3時に着いたので「夜行バス」と言えるかは微妙です。

 

f:id:wonderfulsolution:20190805032305j:plain

天気がここも微妙ですよね。一応これがヒッチハイクではなくバスで移動している最大の理由です。

 

f:id:wonderfulsolution:20190805032441j:plain

なんか人があまりいません。

f:id:wonderfulsolution:20190805032528j:plain

どことなくイギリス感があるし、なんなら僕が留学していたイングランド中西部が特にこんな街並みでした。「これぞヨーロッパ!」という感じだけど、住んでみると3ヶ月で飽きるんですよね。

 

f:id:wonderfulsolution:20190805032611j:plain

川のほとりで休憩していると雨が降ってきましたが、広葉樹のおかげで濡れなかったのでそのまま座っていました。それはそれでいい時間の流れ方です。「選択的に贅沢な時間を過ごす」というのが最近のテーマなんですが、やってみるとなかなか難しいものです。

 

なおこの写真はスマホのなんちゃらモードで撮影しました。

 

f:id:wonderfulsolution:20190805032726j:plain

雨がやんだ夕方くらいに再び散歩を開始。中心部はそれなりに観光客もいて賑わっていますが、例によって外食産業の価格レンジが高いので何も食べません。

 

とは言いつつみんなが食べているものを横目で見ていたらおじさんがフィッシュ&チップスを食べていて「うおぉ」と思いました。イギリスの文化がうっすらとここまで伝わっているんですね。ちなみにテスコ(イギリス発祥のスーパー)もありました。感動ですね。

 

イギリス行かないですけど。

 

ん?イギリスに行かないっていう話はしていないですかね。実はアメリカビザの面接を在ハンガリーの大使館で予約したら日程がギリギリになって、「ロンドン→バルセロナ→ニューヨーク」じゃなくて「ブダペストバルセロナ→ニューヨーク」というムーブに変更せざるを得なくなりました。

 

イギリスの留学していた場所とか思い出の場所に1年ぶりに行けたら良かったですけど、またチャンスはまたあることでしょう。会う予定の人もいましたけど事情を伝えたら納得してくれました。

 

時間はまぁまぁあるのでバルト三国とか東欧とかを可能な限り行くことにします。

 

↓ 続き

wonderfulsolution.hatenablog.com