ヤマダ=イスキーの旅日記

京大を休学して世界一周しています。今はヨーロッパ。

マニラで食べたものをまとめていく

前の記事では街の様子をまとたので、今度はマニラでの食事について書いていきます。

 

と言ってもどうも最近はお腹がなかなか空かなくて、1日に2食ということもザラです。

とりあえず泊まっているタンバヤンホステル(Tambayan Hostel)の朝食から。
f:id:wonderfulsolution:20181001130131j:image

 タマリンドみたいなジュースと野菜パンです。宿の人に現地名での名前を聞いたんですが、聞き取れて復唱もできたんだけどなんか忘れてしまいました。とりあえずパンがもっちりしていておいしい。
f:id:wonderfulsolution:20181001130153j:image

ただしこの野菜パンか食パンかの2択しかないです。まあホステルに朝食がついている時ってだいたいそんなもんでしょう。
f:id:wonderfulsolution:20181001130636j:image

 ちなみにこの宿はすごく新しくて、どうやら5年前くらいにオープンしたばっかりだそうです。毎朝どころか1日中ひっきりなしにスタッフがあちこち掃除しています。1泊1200円ほどで4泊してます。
f:id:wonderfulsolution:20181001130651j:image

WiFiは安定していますが、机が少ないのが難点。

 

こっからは外食の記録です。
f:id:wonderfulsolution:20181001130247j:image

 と言ってもこれが今のところ唯一ちゃんとした?食事です。@ピザハット

これで700円くらいだったかな。コーラとか久しぶりに飲みましたわ。やっぱ嫌いですわ。
f:id:wonderfulsolution:20181001130210j:image

 いちおうこんな感じのローカルな屋台風の店でも食べました。こういうスタイルだと食べたいものをミスマッチなく食べれるし注文もしやすいので便利です。
f:id:wonderfulsolution:20181001130409j:image

 店内はこんな雰囲気で、よく言えばアットホームです。
f:id:wonderfulsolution:20181001130423j:image

 まあ机とか壁とかをたまに虫が歩いてたりはしますが、誤差です。
f:id:wonderfulsolution:20181001130441j:image

これで250円くらい。味は素朴でけっこうイケます。アフリカ料理っぽい感じ。

 

別の店でも同じようなスタイルでした。
f:id:wonderfulsolution:20181001130454j:image

 フィリピンでもこういう屋台的な店だとそこまで英語が通じないですが、別に指差しと何となくの雰囲気で問題なく注文できます。
f:id:wonderfulsolution:20181001130509j:image

 同じようなメニューですが、これまたイケます。右にあるのが牛スジ煮込み、その奥にあるのがオクラとカボチャとエンドウとゴーヤの煮込み、というメニューです。こっちは230円くらい。
f:id:wonderfulsolution:20181001130523j:image

 店の奥はPCスペースになっていて、地元の少年たちがゲームに興じています。

 

ええ、とりあえずマニラに来てから食べたのはこんなもんです。あとはヨーグルトとカップラーメンを食べたりもしましたが、特に変わった味ではなかったです。

 

道端を歩いていると揚げ物をよく売っているんですが、僕はそもそも脂っこい料理が好きではないのでまだ食べてないです。暑いときにハイカロリーなものって食べたくないです。