ヤマダ=イスキーの旅日記

京大に2年間の休学届を出して世界一周しています。

エジンバラに移動し、人生2回目のカウチサーフィン

エジンバラまでの簡単な経緯

グラスゴーで泊めてくれたホストは1人でバーに行って遅くまで飲むような、そして大音量でゲームをするような人でした。なんか居心地が悪くなったので翌朝「ちょっと田舎に行ってくる。また何日かしたら戻ってくる。」と言い残し、シンガーという街に行ってみました。

wonderfulsolution.hatenablog.com

wonderfulsolution.hatenablog.com

 

 

そんなトラブルのあったグラスゴーのホストに別れを告げ、いざスコットランドの州都エジンバラに向かいます。このホストについてはレビューの数が多く、そして評価も高いです。なんというか「旅慣れている」とは違って「旅人を泊めるのに慣れている」という印象です。

 

スコットランド人の英語についてちょっと
f:id:wonderfulsolution:20180112053949j:image

ちょっと脱線しますがグラスゴー駅の改札にて。

"Welcome to~"で始まっている上の文章はもちろん英語ですが、下の"Failte gu~"という文章はスコットランド語だそうです。めっちゃ違います。

これまで何回か「この人は何語を喋っているんだろう。ドイツ語かな?ぜんぜん聞き取いぜ」ということがあったんですが、多分これです。

 

なんですが、スコットランド人の場合は英語でもぜんぜん聞き取れないことがあります。Scottish Englishというやつです。イングランド人でも「スコットランド人同士が早口で話してるとまったく聞き取れないよ」というほどです。僕に聞き取れるはずがありません。

 

そしてグラスゴーでもエジンバラでもホストは地元の人だったため、英語はもちろん生粋のScottish Englishでした。それが貴重な体験だと思えればいいですが、コミュニケーションにおいてちょっとした支障になることも確かです。「ただでさえ英語が苦手なのに、早口で訛りもすごかったらちょっと委縮しちゃうな…」という人にはちょっとハードルが高いかもしれません。

 
エジンバラに到着してから
f:id:wonderfulsolution:20180112054044j:image


まあとにかくエジンバラに到着しました。

列車の中で10歳くらいの女の子が何人かのおばさん・おばあさんと一緒にいて、話を聞く限りお母さん・叔母さん・おばあちゃんと娘(孫)という関係らしいです。エジンバラにはショッピングに行くようで「爪を磨くヤスリ買いたい!」とか「ちっちゃくてかわいいポーチ買ってあげようね」とかほのぼのした会話でした。スコットランドはほのぼのしてますねぇ。

 

写真は駅の売店で買った肉パイです。牛肉とじゃが芋を煮たものをパイに包んでおり、値段はそれなりにしたけどボリューム満点でおいしいです。宿代が浮いていると思うとちょっと高くても手が出せますね。ちなみにようやくスコットランドらしい食事をしたと思ったんですが、実はこれ以降あまりローカルフードは食べることがありません…

 


f:id:wonderfulsolution:20180112054117j:image

エジンバラの街並み。

着いた日は曇りでしたが、その後は出発の朝を除いてずっと快晴でした。大雨とかが降ってたら家に着いてさっそく「ごめんなさい…靴がびしょびしょで臭いです」とか言わなきゃいけないだろうからイヤですね。


f:id:wonderfulsolution:20180112054220j:image

他の都市と比べると圧倒的にカフェやレストランが多いです。というより「存在している」「開店している」という時点で違います。

着いたのが1月4日で1月9日まで滞在したんですが、クリスマスも正月もその他祝日もない(土日は挟んでいた)都市はリバプール以来です。そしてリバプールも課題ばっかりやっていてあまり記憶がないし、実質最後でありながら最初の観光気分になりました。


f:id:wonderfulsolution:20180112054156j:image

ホストは仕事があるということだったので、帰宅するまでの時間を散歩で潰していきます。こういう連絡を早めにしておいてくれるホストは安心ですね。

まず海を目指して歩いてみた。実際は北海ではなくエスチュアリ(入り江)のずいぶんと内側(陸側)なんですが、なんとなく海を眺めている気分になります。

でもじっと立っていると風が寒いですね。ホステルだと2時以降だといつでもチェックインできるし、なんなら12時とかでも入れてくれることが多いです。こういうところは不便かな。


f:id:wonderfulsolution:20180112054247j:image

まだ早かったけど家に来てみました。

明るいうちに着いて場所を確認し、地図アプリに現在地を記憶させます。念のためベルを鳴らしてみたが誰もいないようなので、もう一度駅の方を歩いてみます。

 

 

ごめんなさい、まだ書きかけです。<(_ _)>

 

ほどよい距離感とプライバシーですごくいいホストだった。シンガポール出身の旅人も一緒に泊まっていた。みんなでNetflix観た。

 

とだけとりあえず書いておきます。