ヤマダ=イスキーの旅日記

ツイッター[@jjj1iii1nnn]もどうぞ。あとパソコンからだとカテゴリー分けしてあって読みやすいよ

グラスゴーの夕方

グラスゴーは2日目、この日も前日と同様にほぼ1日中雨が降ったり今にも降りそうだったりの天気だった。ただ雨が降ってくれると逆に雨上がりの晴れ間が拝めるのでまだマシ、降っているんだか降っていないんだかよく分からない小糠雨が最も厄介である。地味にザックカバーしていないといろいろ濡れるし。

とにかく夕方に少し晴れたから街の中心部から家までの中間にある丘に登ってみた。


f:id:wonderfulsolution:20180107010159j:image

 写真が薄暗い(この問題はエジンバラにて解決した)けど、実際はもう少し明るい。これは大聖堂で、中に入ってみようか迷ったけどやっぱりやめた。


f:id:wonderfulsolution:20180107010259j:image

 大聖堂の写真の左側(北)に目を向けると小高い丘が。どうやら怪しげな墓地になっているみたいだ。

 
f:id:wonderfulsolution:20180107010330j:image

 登っていく


f:id:wonderfulsolution:20180111203542j:image

久しぶりの街を見下ろす感覚。地元の人の散歩コースになっているようだ。

 
f:id:wonderfulsolution:20180111203754j:image

とはいえ墓場は墓場。お墓がたくさんある。

 

f:id:wonderfulsolution:20180107010951j:image
満足して丘を下り、休憩がてら大きめのスーパーに行ってみると出口のところに石炭の入った袋が。スコットランドでは新年最初に家に入ってきた人にウイスキーを飲ませ、逆にお返しとして石炭を一つ送る習慣があるそうだ。誰か個人の家に行く予定はないし、ポケットの中が黒くなりそうだから取らなかった。

 

さて、この墓場の後でちょっとした事件がおきる。

 

家に着いたものの、玄関のベルを鳴らしても応答がない。シャワーでも浴びてるのかなと思ってその辺をぐるっと15分ほど歩いたのち鳴らしてみたが応答なし。おかしいなと思ってもう一周してから試すも同じ。気温は5℃ほどで雨も降っていないし玄関のところに座ってたらそのうち帰ってくるかなと思ったが、しかしじっと座っているとやはり寒く、歩行者からどうも不審な目で見られている気もしたのでとりあえず立ち去ることにする。

一応UKのSIMカードは差し込んでいたが、大学内ではずっとWifiに繋がっていたので特にデータパックを購入していなかった(まあ買おうと思えばささっと買えるけど)。ホストに連絡しようと思うとどこかのカフェの近くに行ってWifiを探さないといけないが、やれやれと思って少し歩くとあっさりスーパーのフリーWifiが見つかり「家の鍵が開いてないんだが、いつ頃帰ってくるんだい? (この時6時くらい)」とメッセージを送る。



f:id:wonderfulsolution:20180107010625j:image

じっとしていると寒くなってきたので中心部まで歩いていくことにした。まあ30分もすれば連絡があるだろう、腹も減ってきたしなんか食べようと思ってケーキとジュース(イチゴミルク)を購入。割とこれまで夕食はこんな感じのことが多かった(豪華なほう)。

 

ところが、これを食べ終わってしばらくぶらぶら歩いてからスマホを見ても何の音沙汰もない。時刻はもうすぐ8時。昨日と同じくとりあえず駅に行って待つことにするが、今日はなぜか待合室が閉まっている。仕方なくベンチに座ってみるが、金属製だからぐんぐん体温が奪われていく。たまたまポケットにパンフレットが入っていたから尻の下に敷いてみたが、しかしそれどころじゃなく寒い。

 

まあなんだかんだ言って1時間半ぐらい経過した時、ようやくホストから連絡があった。曰く「今どこにいるんだい? バーで酒飲んでるから来なよ」とのこと。いやしかし寒いし寝たいからさっさと家に入って紅茶でも飲みたい気分で、とても酒なんて飲む気にならない。とりあえず「いや、今日は飲みたい気分じゃないから家に入りたい」と言うが、そこからまた1時間の音信不通。

 

まあ僕だってずっとスマホに張り付いていろとは言わないけど、しかしさすがにほっとき過ぎじゃないか? というか飲みに行くなら僕が家に入れなくなるることは分かるんだし、何か対策を講じるべきではないか? いや、そもそも最初に家のベルを押したときには家にいたんじゃないのか? とかいろいろと寒さで苛立ちながらも待つ。

 

列車の終電が迫り、駅にいる人の数も減ってきた12時頃、ようやくまた連絡があった。曰く「フラットメートが帰宅したから家に入れるよ。あと、どうも僕らはあまりうまくいっていないから悪いけど都合のいい時に立ち去ってくれないか」とのこと。いや、これについては原文を載せよう。

12:35

at your earliest convenience I would like you to vacate my flat. I apologise for this but I feel we are not suited as host/guest. You are cool to stay tonight but I ask you to leave tomorrow. 

 

いや、理不尽でしょ。

 

まあ責任は10-0じゃないけど、しかし家から閉め出して音信不通になっていたのはどっちなのか。それにそんなこと言われても宿の予約をすぐに取れるか分からないし(正月だったから)、あまりに無責任ではないか。

 

まあとりあえず家まで走って帰り、フラットメート(彼とはろくに会話していないというか、ずっと部屋に籠って出てこないタイプの人だった)に鍵を開けてもらう。即就寝。

 

 

ついでにこのまま翌朝のことも書いておこう。

 

まず朝起きるとホストが「昨日は悪かった、立ち去ってくれというのはあの時むしゃくしゃしていたからつい言ってしまったが、君は今晩もここに泊まってくれてかまわない」と謝ってきた。しかしそこは「いや、グラスゴーエジンバラも大都市でつまらないから、どこか田舎の町に行こうと思っていた。3日くらいしたら戻ってくるからその時はまた泊めてくれるか」と提案した(というかそう言った時にはパッキングを済ませていたのでもはや決定事項)。どこに行こうか決めていなかったがとにかく家を出る。

 

付記

後日彼のCSアカウントの評価を見てみたら、過去に「家に到着する3時間前にキャンセルしてきた」とかいくつかネガティブなコメントがついていたので、こういう事件も珍しくないのだろう。これからはちゃんと読んでからホストを決めようと思う。