ヤマダ=イスキーの旅日記

札南山岳部→京大農学部→トビタテ7期理系でイギリス留学→2年休学して世界一周(今ココ)→いろいろ

クリスマス休暇 イングランド・スコットランド 2017/12/19~2018/01/09

~クリスマス休暇 まとめ~

日程 費用 オススメ リバプール ☆☆☆☆ マンチェスター ☆☆ リーズ ☆☆☆☆ グラスゴー ☆ エジンバラ ☆☆☆☆☆ 日程 留学中の大学のクリスマス休暇は12/16(土)から1/14(日)までの4週間であり、そのうち3週間(21泊22日)を旅行にあてた。出発は2017年12月19日で、戻っ…

!!!丘再び!!!

また丘に登った。 "また"というのは前日にも登っていたからなのだが、詳細はこちらwonderfulsolution.hatenablog.com ただし今回は最高地点を目指した。 家を出るとthe快晴。無風で気温も5℃ほど、じっとしていると肌寒いが歩くにはちょうどいい。 朝は写真が…

エジンバラ観光

かの有名なエジンバラ城。(この写真は翌日に撮った) 観光客がたくさんいて、ちらほら日本語も聞こえる チケットが£17(2500円)とか法外に高くて諦めた。この観光収入が市内を大いに潤わせているのだろう 英国ジョークは政治が絡んでいてきつい エジンバラでも…

!!丘!!

エジンバラのホリルードパーク(Holyrood Park)にある丘(3つほどピークがあるけど、まとめて丘と言っておく)に登ってみた。 場所はこちら、市内中心部(エジンバラ城とか美術館とかがあるところ)からたったの1kmほどしか離れていない。つくづくエジンバラはい…

エジンバラ!

「いやあ、追い出してしまって申し訳ない。戻ってきてくれてありがとう」 「別にいいよ。田舎もまた良かったし」 などとグラスゴーのホストに別れを告げ、スコットランドの州都エジンバラに向かう。北海道の札幌市とどこか近接性があったらいいなと期待して…

グラスゴーに帰還

来たときはシンガーで降りたわけだが、帰りはもうひと駅グラスゴーから遠いダルミューア(Dalmuir)まで歩いてみた。 恒例のシャワーがあり、恒例の虹を観測。 さて、3日ぶりにグラスゴーに到着。今度はしっかり午前中から「何時にグラスゴーに着くか」「何時…

丘へ!!!!!

朝はたいてい9時前に起きるのだが、基本的に予定など全くない。とりあえずこの日は例のホワイトチョコを食べてからとりあえず3種の神器(財布、携帯、モバイルバッテリーとコード)をポケットに入れてホテルから出てみる。 すると ホテルから西の方角に小高…

スコットランドの正月

12/31に着いて1/2にグラスゴーに帰るというまず間違いなくスコットランドの田舎の日常を堪能できない日程。でも仕方ない。 さんざん歩き回って結局ピザにたどり着く。これ一枚で£8くらいしたんだけど、つい店を出て「腹減った」と独り言を漏らしてしまった。…

シンガー

Google mapsでもMaps meでもあんまり傾斜は分からないものだが、実際は駅からホテルまでがずいぶんと急な坂であった。高さにして50m以上あるんじゃないか。もっとも平らなイングランドに辟易していた人間にはとても気持ちいいものだが。 この先"CORNOCK CRES…

田舎への道中

とりあえずグラスゴー駅に到着、なんだかんだこの駅(のWifi)にはお世話になっている。ベンチに座ってとりあえずグラスゴーの北西部にある安い宿を探してみるが、山へのアクセスがいい街はどこも高級ホテルばかりである。当日の予約だし今日は12/31ということ…

グラスゴーの夕方

グラスゴーは2日目、この日も前日と同様にほぼ1日中雨が降ったり今にも降りそうだったりの天気だった。ただ雨が降ってくれると逆に雨上がりの晴れ間が拝めるのでまだマシ、降っているんだか降っていないんだかよく分からない小糠雨が最も厄介である。地味…

グラスゴーを散策

カウチサーフィンってのはサーファーとホストが一緒に観光とか食事とかするのが一般的なのだが、ホストが昼になっても"I'm so lazy."とか言ってベッドでごろごろしていたので一人で駅の方まで歩いてみることに。11時くらいに家を出たがいつ帰るかは例によっ…

カウチサーフィンにデビュー

"カウチサーフィン"というのをご存知だろうか。このブログを読んでいるなら旅行好きな可能性が高いが、少なくとも日本ではまだまだ一般的ではない。ここで簡単に説明しておこう。 カウチサーフィンとは旅行者が現地にある個人の家に宿泊させてもらうシステム…

スコットランドへの道のり

12/29はリーズ(Leeds)からカーライル(Carlisle)で乗り継ぎ、グラスゴー(Glasgow)までの列車移動。しかし前日の予報通り雪が降って気温は-2℃ほどで、北海道育ちとはいえろくな防寒着を持っていないと寒い。 車内の様子。日本のJRと似ているが、いくつかテー…

リーズ(だいたい)屋内編

前述の美術館に入ってみる。けど最初に目に止まったのは階段の手すりの彫刻。正直展示されている作品より天井や壁の装飾、そしてこれらの彫刻の方が見ごたえがあった。 イギリスのミュージアムでは特に禁止されていない限り写真撮影ができる。ただし併設図書…

リーズ 屋外編

例によって散歩を開始。遠くにレインボーを発見したからどういう意味でのレインボーかな?と確認しに行ったが、線路の鉄橋をカラフルに塗ってみました以上の意味はないようだった。 正面にデンと見える建物の右側にリーズ駅、左側にショッピングモール街があ…

最高のドミトリー!

宿の外観をもう一度載せておく。この建造物は4つのブロックに分かれていて、1番左側が宿泊施設、その他は現地の方が居住しているアパート(イギリス英語でflatと呼ばれるやつ)のようである。まあしかし夕方なのにほとんどのカーテンが閉まっていて内部が窺…

大都市リーズ

リーズ駅。着いた瞬間に「これはずいぶんと大きな都市だな」と思った。それもそのはず、イギリス国内で人口3番目の都市らしい。 ちなみにイギリス各都市の人口は Birmingham 1,092,330 (2013) Leeds 751,485 (2011) Glasgow 603,080 (2009) Sheffield 552,6…

韓国人と飲み!!

今日でマンチェスターも最終日かと部屋でぼけらーっとしていたら、アジア系の極めて日本人っぽい男性と女性が(別々に)入ってきた。こういう時って何語で話しかけるべきかずいぶんと迷うものだが、女性の方から英語で話しかけられた。曰く 「ねえ、この部屋っ…

散歩@クリスマスのマンチェスター

見えるだろうか。雲の白さと光の加減で判別しにくいが、スタッフォードでも発見した鉛直式風力発電機である。市内の北部で発見し、近くには鉄道のピカデリー駅や国立サッカー博物館(National Football Museum)なんかがある。 その発電機の近くにある大型ショ…

クリスマス・イブ・ボッチ

マンチェスターに到着したのは12月24日の夕方。意外と思っていたより店が開いているが、それでもファッション系やサービス業なんかはシャッターを下ろしている様子。とりあえずスーパーに行って£4.25の赤ワインを購入し、チーズは高そうだったから安売りの…

宿@リバプール

リバプールといえばどこに行ってもこの変なおじさん達を見かける。コガネムシだったかカブトムシだったかビートルズだったか忘れたけど愉快な人達には違いない。 (ドミトリーと併設したバーにて) 8人部屋の (なんか写真が90度傾いてるけど)窓際を確保。チェ…

中華ビュッフェ

イギリスにはレストランが少ない、というか皆無と言っていい。ずいぶん歩き回ったがファストフードとパブとデザート屋しか見当たらない。"イギリス料理屋"なんてのが存在するなら行ってみたいが、どうせフィッシュ&チップスとその他揚げ物各種、値段は£10ほ…

リバプール図書館!

1階(日本でいう2階)の奥まったところにホワイトボードが置いてあって、よくよく見てみると「名前、身分、自分の得意なこと(オファーできること)、自分が求めていること、連絡先」が簡単にまとめてある。僕だったら例えば「学生(専攻は農業経済)、日本語、フ…

クリスマス!旅に出発!

写真は時間軸からいうと下から上なんだが、まあ不慣れなので今回は許してほしい。2017年12月19日出発、同27日に執筆。 大学に1番近い街ニューポートnewportから鉄道の駅があるスタッフォードstaffordまでのバス車内。若い人なら自家用車で移動するのか、昼…